【新型コロナウイルスの影響/現状について】

2020.03.31

【無名劇団 現状に関しまして】
いつも応援頂いている皆様へ、公演を楽しみにしてくださっている皆様へ、ご報告申し上げます。
3月半ばから手洗い・検温・アルコール除菌・換気などを行い、稽古に挑んでおりましたが、新型コロナウイルスの影響により、3月末に稽古を中断いたしました。

今回本当に素敵なメンバーに恵まれ、これで上演の日を迎えられたらどんなに幸せだろうかと、2ヶ月前までは期待に胸躍らせておりました。劇団員一同、自分達が5年前に立てた目標を、こんなに素敵な出演者の皆さんと叶えられることに、並々ならぬ気合いを入れて挑んでおりました。
延期して、再び同じキャストで上演することは客演の皆様のスケジュール的にも中々厳しく、現在は、関係者の皆様と協議しながら、何とかギリギリまで上演の方向で検討していきたいと考えています。
残念ながらこの社会状況が変わらない、もしくは更に悪化した場合や、もちろん感染・濃厚接触の疑いのある方が出た際は即公演中止を決定いたします。

私たちが予定通りに上演出来るとしたら、それは唯一、今月末ぐらいまでに感染者の増加が止まり、減少に向かい、普段の生活を取り戻すチャンスが訪れること。もしもその状況が訪れたら、我々は5月半ばの上演に踏み切りたいと考えています。
その上で今できることは、社会全体の感染者が減少していくために出来る限りの努力をすること、そして一刻も早いこの社会状況の収束を目指し、上演出来るかもしれないというチャンスにすべてを賭けるため、稽古を中止をしたいと思います。

この度は素敵な出演者の皆様、スタッフの皆様に支えて頂き、本当に楽しく稽古をしておりました。劇団員以外の皆様が、我がことの様に劇団のことを考えてくださり、作品のご相談のみならず、全く予想だにしなかったこの現状をどう乗り越えるかについても、様々なご助言を頂いております。私の想いも、劇団の想いも踏まえた上で、現状をみて客観的なご提言をくださいます。本当に感謝しても仕切れません。

劇団の「まだ上演を諦めない」というスタンスに、ご批判を賜ることもあるかと思います。
関係各所とご相談させていただき、最善の方法を模索していきたいと思います。
もちろん主催は我々ですので、全ての最終責任は我々にあり、しっかりとその責を果たすつもりでおります。

最後に、楽しみにしてくださっている皆様、いつも応援してくださいます皆様、本当にありがとうございます。
私は決定のデッドラインとなる最後の最後まで、上演が出来ると信じて、いつも通り再三の脚本のブラッシュアップ及び演出のプランを考えております。

一刻も早い事態の収束を願い、感染された皆様の回復を心よりお祈り申し上げます。

無名劇団 島原夏海


※劇団員・中谷有希がご家族との話し合いの結果、降板をする申し出がありました。それに対応して台本を一部改訂いたします。
楽しみにしてくださっていた皆様に、深くお詫び申し上げます。

powered byCoRich舞台芸術!